川遊びに注意

 


f:id:hiropiero:20200807114547j:image

 

 

 こんにちは、ひろぴえろです。

暑さも本格的になってきましたね。今年はコロナの影響により大会やイベントの延期・中止がありました。

 

そうなると出てくる話が

「子供のために何とかしてあげたい」

最高学年だったりすると、少し無理してでも開催してあげたくなりますね。

気持ちはよく理解できます。

 

しかし、冷静な対応をしなければ大きな事故に繋がりますよ。

 

スポンサーリンク 

 

 

※Yahooニュース「海やプール閉鎖 川で事故多発」 

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6367699

 

私の所属少年団では現在、夏の合宿はありません。

十数年前に、当時の保護者の方々の強い反対によって廃止されました。

 

様々な要因があったのですが、その中の一つに川遊び中の監視の不備が問われました。

それまでウチの合宿では最終日に川遊びとBBQをしてました。

 

2泊3日の最後に川遊びです。

 

日程の試合なども終わり軽く見ていた事は否めませんが、コーチスタッフや保護者の参加人数も激減した事によりそれは起きました。

 

スポンサーリンク 

 

 

コーチスタッフが3人と保護者3人で合宿参加者60数名を見るのには無理があったのです。

 

6年生4名がベースから離れ飛び込み出来る岩のある深みに移動しました。

それに気づいた私が注意はするものの一緒に行けば大丈夫だと過信して気楽に着いて行きました。

 

まだまだ私も青かったんです。

 

全員が泳げると思ってたんです。

 

場所に着いて飛び込みを始める子供達。

水深は2m強だったと思います。私でも全く足が届かなかったので・・・

 

一人また一人と飛び込んでいた時、ふとバタバタして顔が出てない子供に気づきました。

 

そうです。溺れてたんです。

 

スポンサーリンク

 

 

実は私、泳ぎにはかなりの自信がありまして海難救助の講習も受けていました(トライアスロンの水中監視員の経験有り)

 

私はすぐに飛び込み、子供の後ろへ回り込んで急いで浅瀬に引っ張りました。(溺れてる人はしがみついてきます)

 

幸い気づいたのが早かったので大事には至りませんでしたけど、子供を危険にさらした事に変わりはありません。

 

その異常な空気に保護者も駆けつけてちょっとした騒ぎになってしまったのです。

 

*反省点としては

・スタッフ不足(試合が終わると引き上げるスタッフや保護者が多い)

・準備不足(浮き輪やライフジャケット)

・確認不足(BBQ場にAEDはあるか)

・認識不足(川を甘く見てた)

・子供達への制限(これは難しい・・)

 

スポンサーリンク 

 

 

このような事も一つの理由となり、それ以来合宿そのものが廃止されてしまいました。

上のYahooニュースにもあるように、海水浴場やプールがコロナの影響で閉鎖されていますね。

 

すると気軽に行ける川を選択することもあるかと思います。

こちら葛飾区亀有公園前派出所}で両津勘吉が「川で泳げる奴はどこでも泳げる」みたいな事を言ってるのを見ましたが、それをその当時の私は大きく共感しました。

 

気軽に行けるから本当に怖いです。

流れや急な深み、海や湖とは違う怖さがあります。

 

気軽さと注意はセットで出かけて欲しいと思っております。

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

ここで一句

「誰の為、子供の為に、結果ダメ」

ひろぴえろ 心の川柳でした。

 

↓ブログランキンに参加中のため、もっと書け!と応援して下さる方に、ポチッとしていただけると嬉しいです↓ 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

スポンサーリンク 

 

 

ひろぴえろ (@hiropieo_enjoy)さんをチェックしよう https://twitter.com/hiropieo_enjoy?s=09

 

 

スポンサーリンク