少年団っぽい

 

 


f:id:hiropiero:20200402055902j:image

 

 

 こんにちは、ひろぴえろです。

前回の元プロ選手の指導者に引き続き第2弾。

元Jリーガー若しくは現役時代に強豪校などでの経験があり、その上で育成で生計を立ててるプロの指導者に有りがちな話です。

 

スポンサーリンク

 

 

実績を残したプロの指導者の中には、少年団を下に見る傾向があります。

 

自分達のクラブチームの方が何から何まで上だと思い込んでいるのです。

というか、指導者の事だけではなくて、少年団の子供に対しても馬鹿にしている方がいます。

 

これ、部活を馬鹿にするクラブチームも同じです。

 

本人達曰く、真剣に取り組む姿勢の差だと言うのですが・・・。

 

スポンサーリンク

 

 

 

勿論、育成現場にて生計を立てるからには結果が求められます。

それが、チームの勝利であったり、徹底的に個のスキルアップであったり、クラブのコンセプトによって様々ですが、最終的には進路先が重要になりますね。

 

スポンサーリンク

 

 

少年団からそのクラブに移籍したり、部活を選択せずにジュニアユースからそのクラブに入った場合、「お前、少年団っぽいな」なんて言われる事があるかも知れません。

 

そんな事を言われも気にしないで下さい。

 

少年団だろうが何だろうが、真剣に子供をみてた事にかわりはありません。

 

そして、心配いりませんよ。

 

第一、どんな子供にも結果を出さなければならないのは、そんな事を言ってしまった指導者ですからね。

 

もし貴方が指導者で、

クラブチーム > 少年団

なんて思ってるウチは貴方のクラブからプロは出ませんよ。

そんなバイアスのかかった考え方だとプロが出るより貴方が辞める方が先です。

 

こういうのは差別にも繋がります。

 

決して公の場で言わないことをお勧めします。たとえ思ってても・・・。

 

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

ここで一句

「もう少し、力が抜ければ、楽なのに」

ひろぴえろ 心の川柳でした。

 

↓ブログランキンに参加中のため、もっと書け!と応援して下さる方に、ポチッとしていただけると嬉しいです↓ 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

 PVアクセスランキング にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 

 

ひろぴえろ (@hiropieo_enjoy)さんをチェックしよう https://twitter.com/hiropieo_enjoy?s=09