的外れな指示

スポンサーリンク

【あなたのオリジナルをまずは検索⇒】

 

 

 

 こんにちは、ひろぴえろです。

試合を観戦される保護者の皆様に対してのお願いです。

 


f:id:hiropiero:20191026173251j:image

 

我が子の為!と思ってプレーに対して何かとアドバイス?をする方を見かけます。

 

実は先日のトレーニングマッチでもありました。

 

何を言ってるのかを近づいて聞いてみると、大抵は的外れな事が多く、逆に子供を悩ます結果になります。

 


f:id:hiropiero:20191026085143j:image

 

この的外れ、意外にも経験者の方が大きくズレてる事に気づいてません。

 

そもそも高学年になると、お父さんが未経験者なら子供はなかなか言う事を信じません。

 

しかし、これが高校までバリバリやってた・・なんてお父さんの言う事だと、子供に迷いが生じるのです。

 


f:id:hiropiero:20191026085549j:image

 

経験者は自分の戦術が頭に刻まれている事で、固定観念に縛られてるなんて・・・。

 

結構居るんですよ。

 

しかも、サッカーの進化について行けて無く、自分の選手時代のイメージなので質が悪い。

 

今回はテーマとして

◆仕掛ける

※担当コーチの指示

・バックパスをしない

・ドリブルで仕掛ける

 

課題に取り組んでいる試合で、ドリブルでチャレンジするも、相手を抜けずにボールロストしてしまった。

 

この場面だけを切り取って

「何故あの場面で落とさない(下げない)の?」

なんて言ってしまう。

 


f:id:hiropiero:20191026090216j:image

 

自分の子供が活躍する姿を見たい一心なのでしょうが、逃げる事を覚えた子供を再度仕掛けるようにするのは大変なんです。

 

勿論、ポジションの特性はありますが、大抵の保護者の方々は「中島翔哉選手」や「久保建英選手」、「柴崎岳選手」みたいに・・・なんて思い描いてません?

違うという方もいると思いますが、仕掛けるタイプは憧れますよね。

 

今回のテーマの「仕掛ける」だけ考えても、抜けずに後ろに下げては、相手に「ボールを奪われない」の課題にすり替わってしまいます。

 

相手を引き付けて飛び込まして交わす。

 

これが出来なくては、先で苦労しますよ。

 

もう一度言いますね。

 

特に経験者で、しかもそこそこやってた保護者の方。

 

ご注意下さい。

 

的外れで、子供の成長を妨げてますよ。

 

今回は「仕掛ける」がテーマでしたが、随時更新していきたいと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

ここで一句

「この道が、1番早いと、ナビを無視」

ひろぴえろ 心の川柳でした。

 

↓ブログランキンに参加中のため、もっと書け!と応援して下さる方に、ポチッとしていただけると嬉しいです↓ 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング

 

スポンサーリンク

 

ひろぴえろ (@hiropieo_enjoy)さんをチェックしよう https://twitter.com/hiropieo_enjoy?s=09