負けず嫌い

スポンサーリンク 

人気ホテル&旅館が最大50%オフ

 

 

 こんにちは、ひろぴえろです。

皆さんのチームには「負けず嫌い」と言われる子供いますか 。

 

この「負けず嫌い」とは、いったいどんな子供の事なのか?

 


f:id:hiropiero:20190913121943j:image

 

 

◆負けず嫌い:マケズギライ

【名・形動】

他人に負ける事を嫌う勝ち気な性質であること。また、そのさま。

デジタル大辞泉参照

 

チーム内で凄く活発な子供がいると「あの子は負けず嫌いだから・・」なんて耳にします。

 

でも、負けず嫌いの基準が皆それぞれで曖昧ではありませんか?

 

◆こんな子供?

 

・自分の思い通りにいかないと癇癪を起こす・時には暴力をふるう

 

・チーム分けで弱いチームに入るとふて腐れる

 

・プレースタイルが強気・しつこい

 

・負けると悔しくて泣く(低学年の頃)

 

このような基準で当てはめてる方、多くありませんか?

 

スポンサーリンク

【DAZN】世界中のスポーツを全てここで

 

 

 

果たして正解なのでしょうか?

 

 

何故なら、

負ける事が好きな子供

の方が圧倒的に少ないと思うんですよね。

 

 

◆例えば

 

チームKには比較的大人しい子供ばかりを集めて、数日練習を行ってみる

 

チームOには比較的活発な子供ばかりを集めて、数日練習を行ってみる

 

※勿論、このような試験的な事をした事はありません。

 

 

◆結果はどうでしょうか?

 

チームKの中からは「負けず嫌い」と称される子供は出ないのでしょうか?

 

チームOからは「負けず嫌い」の子供ばかりが出るのでしょうか?

 

私の答えはNOです。

 

KからもOからも1人もしくは2人程の「負けず嫌い」と言われる子供が出ると思ってます。

 

何故ならこれにはリーダーシップと称されるものも含むからです。

 

 

スポンサーリンク

【オリジナルで他の人と差をつけませんか?】

 

 

 

ビジネスシーンなどでは「負けず嫌い」「向上心」と置き換える事が多いと考えてます。

 

◆向上心で考えて子供と向き合ってみると、

 

・リフティングにひたすら取り組んでいる子供

 

・持久力を高めるために、毎日ジョギングをしている子供

 

・ドリブルが巧くなりたくて毎日ボールに触れている子供

 

このような子供達は皆、「負けず嫌い」になりますよね。

 

◆最後に

 

気が強い・我が強い=負けず嫌い

 

これを直結させるのは少し乱暴だと思います。

 

リーダーシップも向上心として、前向きな意識の現れでしょう。

 

このようなこから、小さなグループ毎に、勝手な判断で「負けず嫌いな子」と「そうでない子」を振り分けたりするのは早計ではないでしょうか。

 

 

大前提が個々に

「向上心がある」

 

負けず嫌い ≦ 向上心

 

しつこい ≦ 粘り強い

 

私はこんな風に考えるようにしています。

見方次第で見える景色も変わってくるかも知れませんよ。

 


f:id:hiropiero:20190914064545j:image

 

 

子供の頃の「負けず嫌い」は人間関係などの社会性を学ぶ事の通過点と考えてます。

 

しかし、

 

最近ではマウンティング などとも言われてる優位性。

 

これにはプライドなんてワードも絡んできて、

 

負けず嫌いの意味合いが変わってしまう事があります。

 

成長につれてマイナスイメージを伴う「負けず嫌い」

 

ただの意地の張り合いと見分けられるよう、

これからも注意して行きたいと思います。

 

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

ここで一句

「煽られて、退けぬプライド、大事件」

ひろぴえろ 心の川柳でした。

 

 

ブログランキングに参加中のため、ポチッとしていただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカーランキング

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

FXを始めるなら≪DMM FX≫!