失敗

 こんにちは、ひろぴえろです!

 以前「ミス」でも触れたのですが、「失敗」に対して厳しいコーチがまだまだ多い気がします。

 

 「悪しき風習」のお父さんコーチもそうでしたが、思い通りにいかないと我慢出来なくなってしまうようでは、コーチには向いてないと思うんですが皆様はどうですか?


f:id:hiropiero:20181130072242j:image

 

例: シュートのタイミングが逆足だったので、そのまま逆足でシュートしたら、上手くインパクトせず、枠を外してしまった。

 

コーチ: 何外してんだよ!しっかり入れろよ!

↑これ、この前の試合会場で実際にあった事です。

 これを試合の時に言われてしまうと、その子供はそのあと逆足のチャレンジをしなくなる傾向にあります。

 

 私ならまず逆足の判断を評価して、逆足の克服を提案します。


f:id:hiropiero:20181130072012j:image

 

 私は練習メニューに、初めてやる際には必ず上手くいかない脳トレを入れてます。(脳トレは別で書きます)

 ここで子供達の気持ちをくすぐれるように声を掛けます。

「なかなか上手くいかないねぇ~(笑)」

 すると、子供達はクリアしようと夢中になるのです。

 このタイミングで、バカにしたり「誰が1番最初にクリア出来るかな?」のように、順位をつけたりすることは控えてます。

 このトレーニングの目的が、「克服」にあるからです。

 

 私はこのように目的をハッキリさせて、トレーニングをしてます。「失敗」を誘うトレーニングでバカにしたり、叱ってしまっては、本末転倒ですもんね。


f:id:hiropiero:20181130072403j:image

 

 是非、子供達が「失敗」を恐れないように指導してあげて欲しいと思います。

 

ここで一句

「言う通り、全部出来たら、プロになる」

ひろぴえろ 心の川柳でした。

 


CANON PIXUSXK80 A4インクジェットプリンター XK80


少年サッカーランキング