イメージトレーニング

 こんにちは、ひろぴえろです!

今回は「イメージトレーニング」についてです。(以降イメトレ)

皆様はイメトレを取り入れてますか?


f:id:hiropiero:20181117070319j:image

 

 本田選手やクリスティアーノ・ロナウド選手などの世界で活躍している多くの選手が、イメトレをしています。

 

 イメトレが有効だとされる理由として、その中の一つに「夢」があります。これは目標などの夢ではなく、眠っている時にみる夢です。


f:id:hiropiero:20181117071549j:image

 

 皆様も夢を見る事があると思いますが、リアルであればあるほど、寝汗をかいたり叫んだりしてしまいますよね。

 これは「脳」が現実と区別出来ないからだと言われています。


f:id:hiropiero:20181117071111j:image

 

 ここから考えて、リアルなイメトレがスキルアップに役立つ事は想像がつきますね。

 

例:無回転シュート

・ボールを置く。

(フィールドが芝なのか土なのかまで詳細に)

・助走をとる。

(ここもリアルに歩数まで想像して)

・しっかり当てる事を想像(イメージ)して、ゴールにキックしてみる。

・ボールの軌道をしっかりイメージしてゴールネットに突き刺さるまでがイメトレです。


f:id:hiropiero:20181117073856j:image

 

 私は、天候の影響などでグラウンドが使えないような時は、体育館でイメトレをしてました。ウチの体育館ではサッカーボールを蹴る事が禁止されていた為に、ホワイトボードを使ったり、ビーチボールを使いイメージをサポートするトレーニンをしてました。


f:id:hiropiero:20181117074140j:image

 

  ビーチボールを蹴る時は裸足になってもらいます。

当たった時の感覚を脳に覚えてもらうためです。

子供達は段々サッカーボールが蹴りたくてたまらなくなってきた所で終了です。

 

 そして、その日にやったイメトレを個々でしてきてもらい、翌週に実際にトライしてもらいます。大抵はイメージ通りになりません。イメトレだけで上手くなれたら天才ですよ。

 

 そこで、イメージとリアルの差を考えさせて、良いイメトレと現実のルーティンになり、何が足りないのか?

 どうすればイメージに近づけられるのかを考えてもらえるようにします。

 

 ある子供達の中にはパスのコンビネーションなどを考えて共有し始める動きもありました。

 そして別の子供は、良い選手の型ばかり真似するのでは無くイメージを広げて、良い選手は何が違うのかに着目してました。

 

 このように、子供達が自主的に考えて創造し始めてくれる事でスキルアップ出来ると考えてますし、これが私の目的です。


f:id:hiropiero:20181117080741j:image

 

 私は、コーチ側にも良いイメトレが必要だと思ってます。

 勝ちに拘らないコーチが負け試合で怒鳴ってたり、全員参加がコンセプトのチームなのに、一日ずっとベンチに座りっぱなしの子供がいたりするのは、コーチとして考えが無く不勉強だと思ってます。


f:id:hiropiero:20181117080811j:image

 

 子供達は一人一人皆違った個性があります。コーチにも良いコーチングのイメージトレーニングをし続けて頂きたいと願っています。

 

ここで一句

「想像が、眠った才能、目覚めさせ」

ひろぴえろ 夢見る川柳でした。

 


にほんブログ村


少年サッカーランキング