褒め方


【P最大33倍★10/19 20:00〜 10/26 1:59】ピステ ジュニア サッカージャンキー トライアル コート 忍法メガネ残し+1 スポーツ ウェア SJ18519K soccer junky

 

 こんにちは、ひろぴえろです!

 最近はめっきり寒くなってきて、毛布を出して寝てます。時節柄、気温の変化が激しいので、日曜日にはもうベンチコートも準備してしまいました。


f:id:hiropiero:20181024095725j:image

 

 今回は「褒める」についてです。

誰でも褒められると嬉しいですよね。

現場のコーチをしている方や、保護者の方々はどれだけの数の褒め言葉を持っていますか?

ただ漠然と「頑張ったね」や「良いシュートだった」とかばかり言ってませんか?

 


f:id:hiropiero:20181024095819j:image

 

 私の所属少年団には、何かに付けて「良いよ~良いよ~」と褒め続けているコーチがいます。

 

 これだと怒鳴るコーチと比べれば、褒めてるこのコーチの方が良いのかな・・・? 

くらいな程度です。



f:id:hiropiero:20181024113747j:image

 

 最近では「俺、褒められて伸びるタイプなんだよね~」なんて言う若者も多くなりました。

このタイプのほとんどが実は「俺、叱られると落ち込むタイプなんだよね~」だと言われています。

 

 《褒める》に大事なのは『タイミング』『質』だと思ってます。

 

 背の高さを褒めたり、足の長さを褒めたりしてもサッカーのやる気には繫がりません。

だからといって「頑張ってるね」「巧いね」などの抽象的な表現でも努力に直結させるのは難しいと思います。

 

「足が速いね」よりは、ラダートレーニングなどのアジリティーを頑張ってる時に「リズムが良いね」「足の動きが正確だね」からの「足が速い一つの理由かもね」

のように、足が速いという努力で飛躍的向上がみられない事を褒めるより、そこまでのプロセスに対しての評価が大事だと言われています。

 

*一番注意しなければならないのが、上記の例を無視して先天的な事や素質だけを褒めたりすると、チャレンジ出来なくなる事例があるそうです。

 

 努力が形になり子供自身も理解しているタイミングで、具体的に褒める事が最良だと思ってます。

上手く褒める事が出来れば、内発的動機付けになり、更なる努力が見込めますしね。


f:id:hiropiero:20181024114846j:image

 

 我々も、ただ褒めれば良いのではなくて、褒め方も正しく学んでいかなくてはなりません。そして褒め方を考える事が、結果的に子供達一人一人をよく見る事に繫がるのではないでしょうか。

 

ここで一句

「勤勉が、努力に繋ぐ、褒め上手」

ひろぴえろ 心の川柳でした。

 


SoccerJunky(サッカージャンキー) ちから+5ピステ&HP+3ピステパンツ(cp17526-17527) (ブラック, M)


にほんブログ村

 


少年サッカーランキング