高校サッカー 卒業試合

 こんにちは、ひろぴえろです!

 昨日は小学生時代に私が担当していた子供(青年)の、高校サッカー卒業試合でした。



f:id:hiropiero:20181009044449j:image

 子供の頃から努力家で、誰に言われる事もなく、自発的にリフティングにノルマを課したり、ランニングをしたり自主トレに余念が無い子でしたね。


f:id:hiropiero:20181009043100j:image

 実はこの子、小学校はウチの学区なんですが、3年生までは別のサッカースクールに通ってて、そのスクールでは決まった試合や大会が無いため、4年生からは少年団かクラブチームを選択するタイミングで、ウチのチームの試合観戦に来ました。

 

 その時に私が「ウチへおいでよ」と、誘った所、すかさずお母さんが「こんな弱いチームに誘わないで下さい!」と一喝されちゃいました。

なんだか思いっきりブン殴られた位ショックでした。

 

 凄い目で睨まれて恐怖を感じましたよ。

 

 その1週間後に母子2人で体験入団に来ました。


f:id:hiropiero:20181009045416j:image

 

 その時も凄い目で「この子がどうしても、ここが良いと言うので!」

やはり同じ学校の友達とやりたいですもんね。

私は「強くなります。お預かりします」

と言葉を交わし、この年からオープンでエントリー出来る一つ上の学年の試合に参戦し始めました。

 

 実はこのお母さんはまだ若い世代なんですが、高校までバリバリでサッカーやってて、社会人チームにも所属してるような人だったんです。

納得しました。

 

 
f:id:hiropiero:20181009044516j:image

 

 その後、この学年は数々のチーム記録を塗り替えてくれて、私に沢山良い思い出をつくってくれました。

 

 この中から3人は県内でも強豪と言われる学校に入ります。その内の1人です。


f:id:hiropiero:20181009045515j:image

 

 協会の出す冊子にも載るようになって、ワクワクドキドキしてたら、アッという間に卒業試合ですよ。

6月に足首を骨折して、選手権のメンバー外通告がありました。

 

 正直、試合に出られるのだろうか?と不安でしたが見事に1ゴール1アシストと勝利に貢献できました。涙涙涙涙涙!

 

 帰り際にお母さんが寄って来てくれて色々話しました。

今では、あの時怖かった事を笑い話にしてます。

 

 将来の夢も聞きました。

まだまだ彼らはここからスタートです。

何も出来ませんが、遠くから応援したいと思います。

 

ここで一句

「光へと、道なき道へ、巣立ってく」

ひろぴえろ 心からの川柳でした。

 

実はこの青年は英語がペラペラです。

高校時代にマスターしちゃいました。

 


にほんブログ村


少年サッカーランキング