Jrユースセレクション

  こんにちは、ひろぴえろです!

 そろそろ各地域でJrユースのセレクションが行われている時期かと思います。

 

 私の住んでる地域でも、6年生達が続々とサッカーの進路が決まり始めてますね。

 


f:id:hiropiero:20180927072505j:image

 

 そして、この時期以降は、Jrユース組特有のパターンが発生する時期でもあります。

それは、上に兄弟がいる子供やその友達、見所のある子供をフライングで練習参加させているJrユースが出てくるのです。

 

 平日の夕方程度なら問題も発生しませんが、土日祝日に練習試合などに参加要請するチームは如何なものでしょう?

 

 これは我々少年団の現場にも影響してます。

急に当たりが強くなったり、手を使ったりするプレーが多くなります。

 

 子供に聞くと「Jrユースでは当たり前」と、返ってくる。

 

 Jrユースのコーチに話を聞いても「保険には加入させてますので大丈夫です。あとは任せて下さい」

 

 何だか年々フライングが早くなってる背景には、Jrユースも人数集めの競争が激しくなっている事があるようです。

 

 現に我々スポーツ少年団の現場でも、試合のカテゴリーがなくても幼稚園児を体験生として、迎え入れてるチームもありますからね。

 

 行くなとは言えませんし、気持ちは分かります。

でも、卒団するまでは少年団員です。

一つずつ区切りをつける意味でも、偏らないようにバランスを上手く保って欲しいと願います。

 


f:id:hiropiero:20180927072527j:image

 

ここで一句

「先人が、手本を示す、良いケジメ」

ひろぴえろ 心の川柳でした。


にほんブログ村


少年サッカーランキング