ハーフタイム 日本代表選手の経歴


にほんブログ村


adidas サッカー日本代表 2018 ホーム レプリカ ユニフォーム 半袖 No.7 伊東純也 CV5638/7JI

 こんにちは、ひろぴえろです!

昨夜のキリンチャレンジカップは、なかなか良かったと思います。攻撃へのスイッチの切り替えが早くて、目が離せませんでした。

小4の息子も、いつもは寝る時間なのを夢中になって観てましたね。

 

では、ここで代表選手のプロ入りまでの経歴を紹介したいと思います。(分かる範囲)

 

 

◇GK

東口順昭 (G大阪) 32歳 大阪府出身

FC  OWLS  INTER  HIRONO→G大阪JY→洛南高校福井工業大学新潟大学 → アルビレックス新潟

 

権田修一 (鳥栖) 29歳 東京都出身

さぎぬまSC→FC東京U-15→FC東京U-18 → FC東京

 

・シュミットダニエル (仙台) 26歳 米国出身

八幡サッカースポーツ少年団→仙台スポーツシューレ→東北学院中学校→東北学院高等学校→中央大学 → 川崎フロンターレ  

 

 

 

◇DF

槙野智章 (浦和) 31歳 熊本県出身

井口明神FC→サンフレッチェ広島JY→サンフレッチェ広島Y → サンフレッチェ広島

 

佐々木翔 (広島) 28歳 神奈川県出身

栗原FC→マリノスプライマリー→マリノスJY→城山高等学校→神奈川大学 → ヴァンフォーレ甲府

 

車屋紳太郎 (川崎F) 26歳 熊本県出身

タイケンスポーツクラブ熊本→太陽スポーツクラブ熊本→熊本ユナイテッドSC→筑波大学 → 川崎フロンターレ

 

遠藤航 (シントトロイデン) 25歳 神奈川県出身

南戸塚SC→戸塚中学校→湘南ベルマーレY → 湘南ベルマーレ

 

・室屋成 (FC東京) 24歳 大阪府出身

ゼッセル熊取FCジュニア→ゼッセル熊取FCJY→青森山田高等学校明治大学 → FC東京

 

植田直通 (セルクル・ブルージュ) 23歳 熊本県出身

緑川少年スポーツクラブ→住吉中学校→大津高等学校 → 鹿島アントラーズ

 

三浦弦太 (G大阪) 23歳 愛知県出身

FC豊橋リトルJセレソン→FC豊橋デューミラン大阪桐蔭高等学校 → 清水エスパルス

 

・冨安健洋 (シントトロイデン) 19歳 福岡県出身

三筑キッカーズ→アビスパ福岡U-15→アビスパ福岡U-18 → アビスパ福岡

 

◇MF

青山敏弘 (広島) 32歳 岡山県出身

川鉄SS→ハジャスFC→岡山作陽高等学校 → サンフレッチェ広島

 

・山口蛍 (C大阪) 27歳 三重県出身

箕曲ウエストサッカークラブ→セレッソ大阪U-15→セレッソ大阪U-18 → セレッソ大阪

 

大島僚太 (川崎F) 25歳 静岡県出身

船越SSS→静岡学園中学校→静岡学園高等学校 → 川崎フロンターレ

 

・伊東純也 (柏) 25歳 神奈川県出身

鴨居サッカークラブ→横須賀シーガルズJY→逗葉高等学校→神奈川大学 → ヴァンフォーレ甲府

 

中島翔哉 (ポルティモネンセ) 24歳 東京都出身

松が谷フットボールクラブ→FC東京サッカースクール→ヴェルディジュニア→東京ヴェルディJY→東京ヴェルディY → 東京ヴェルディ

 

南野拓実 (ザルツブルク) 23歳 大阪府出身

ゼッセル熊取FC→セレッソ大阪U-15→セレッソ大阪U-18 → セレッソ大阪

 

三竿健斗 (鹿島) 22歳 東京都出身

横河武蔵野FCジュニア→東京ヴェルディジュニア→東京ヴェルディジュニアY→東京ヴェルディY → 東京ヴェルディ

 

伊藤達哉 (ハンブルガーSV) 21歳 東京都出身

ブルーファイターズサッカークラブ→柏レイソルU-12→柏レイソルU-15→柏レイソルU-18 → ハンブルガーSV U-19

 

・堂安律 (フローニンゲン) 20歳 兵庫県出身

浦風FC→西宮少年SS→ガンバ大阪JY→ガンバ大阪Y → ガンバ大阪

 


adidas サッカー日本代表 2018 ホーム レプリカ ユニフォーム 半袖 No.8 南野 CV5638/8M

 

◇FW

小林悠 (川崎F) 30歳 東京都出身

町田JFC→町田JFC jrユース→麻布大渕野辺高等学校→拓殖大学 → 水戸ホーリーホック → 川崎フロンターレ

 

杉本健勇 (C大阪) 25歳 大阪府出身

FCルイ・ラモス ヴィジット→セレッソ大阪U-15→セレッソ大阪U-18 → セレッソ大阪

 

浅野拓磨 (ハノーファー) 23歳 三重県出身

ペルナSC→八風中学校→四日市中央工業高等学校 → サンフレッチェ広島

 

プロ入りの経歴はこんな感じです。

大学からプロ入り →8名

高校からプロ入り →15名(内、J下部等からプロ入り→13名)

この内、J下部のジュニアYなどに所属していて大学卒業後にプロ入りしているのは、東口順昭選手と佐々木翔選手の2名のみでした。

 

以前、大卒のプロ入りの確率が2017年度で67%と書かせて頂きましたが、日本代表だと35%にとどまります。

これは大卒の方が年俸が安く済むからだと言われています。

高卒やユース上がりで入ってくるような選手は、どのクラブも欲しいから値が上昇するようですね。

やはり日本代表クラスになるとレベルが変わるから、確率も変わるのですね。

それでも私個人としては大学まで行ってから、セカンドキャリアのことも含め考えてほしいです。


少年サッカーランキング